龍穏寺1龍穏寺2龍穏寺3

ここには太田道灌の像と墓があります。

看板の句ちょっと読みずらいのでここに記します。

「七重八重 花は咲けども山吹の
 みのひとつだに なきぞ悲しき」

江戸城を築城したことで知られる、道灌が鷹狩の途中で雨に降られたとき、蓑を貸してもらおうとある農家を尋ねたところ、そこの若くて美しい女性が無言で山吹の花一枝を差し出したのです。道灌はその意味がわからずに怒って帰ったのでした。

城に帰って近臣の者にこの話をすると「後拾遺和歌集に醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王作で、{七重八重・・・・}、というのがあります。その女性は、山吹はたくさんの花を咲かせますが実は出来ません、私の家にはお貸しできる蓑がないと例えたのではないでしょうか。」と言われ道灌は大いに恥じ歌道にも精進するようになったと言われています。